Interview社員インタビュー

自分が企画したWebメディアを
 業界一のサービスにするために。

   
新卒 2019年 入社 企画人事部 リーダー Machika Yamazaki

山﨑 万慈

   ENTRY

これが私の仕事

主に新規サービスの企画や既存サービスのマーケティング戦略・広告運用などに携わっています。

新規サービスの企画では、新たなWebメディアの立ち上げを提案し、プロジェクト全体のマネジメントを任されています。入社2年目でこのような機会をいただけるとは思ってもいなかったので、企画が通ったときは素直に嬉しかったです。0から1をつくるという仕事は、何をするにしても試行錯誤が必要で根気のいる仕事ばかりですが、毎日が刺激的で面白いです。

既存サービスのマーケティング戦略・広告運用では、韋駄天のサービスを選ぶお客様にとって重要な検討資料となるランディングページの構成やキャッチコピーを考案したり、それを見てもらうためのネット広告の集計や分析をしたりしています。想定するターゲット層に上手く響くようにするには、どのような角度から韋駄天のサービスの良さを打ち出していくのがいいのかということにはいつも頭を悩ませていますが、お客様から反応をいただけたときは、納得いくまで悩み抜いてよかったなと感じます。

韋駄天を選んだ理由

入社の決め手となった 1 番の理由は、どこにもマネのできない独自のサービスを持っていたことです。1 つのサービスだけに頼るのではなく「日本橋 Art.jp」や「弁護士ねっと」などの新しい試みにも積極的に挑戦しているところに魅力を感じました。また、説明会や面接の場で胸を張って自社のサービスを紹介する先輩社員の方々を見て、ここで働いてみたい、私自身もここで新しいサービスを作ってみたいという想いが強くなりました。

また、私が就職活動時に重視していた「若いうちから裁量を持って働けるか」、「女性として長く働いていける環境が整っているか」の 2 点を満たしていたことも選んだ理由の一つです。
私は同世代の人たちよりも早く成長したいという思いがあり、志望先を若いうちから裁量権が与えられる可能性の高い中小企業に絞っていました。さらに、女性として出産や育児などのライフイベントも大切にしながら長く会社に貢献していきたいとも考えていたので、女性でも無理なく活躍し続けられる環境が整っていることを重視していました。実際、韋駄天は若いうちから様々な業務を任せてもらえる会社であり、産休を取っておられる先輩の女性社員や、奥さんの出産に合わせて時短勤務をする男性社員の方もいらっしゃったので、安心して働けています。

今後の目標

自分自身が発案した新規サービスを業界内で日本一のWebメディアとして成長させることです。

初めてのことが多く、まだまだ勉強しなくてはならないことが山積みですが、一歩一歩着実に事業を大きくできるように知識のインプット、アウトプットを積極的にしていきたいと思っています。日常で見たこと、感じたこと、学んだことが全て仕事に活かせる引き出しとなるので普段から本を読んだり、色々な体験をしたりと自分から学ぶ姿勢を大切することで会社の成長に貢献できる人材になっていきたいですね。

Message社員からメッセージ

就職活動時期は、いっぱい自分と向き合ってみてください!
就職活動って、自分の人生を振り返るとてもいい機会だと思います。
自分と向き合う中で苦しいこと、辛いこともあるかもしれませんが、それを乗り越えることで今後どんな自分になりたいかということが自ずと見えてくるはずです。
私も就職活動時期はいっぱい悩みましたし、周りが決まっていってしまっても自分が納得いくまで活動を続けました。
韋駄天に出会えたのも自分と向き合い続けた結果なので、皆さんもぜひ最後まであきらめず、自分と向き合い続けてみてください!

もし私と一緒に事業を盛り上げたいという方がいたら大歓迎なので、ぜひ一度、韋駄天の説明会に足を運んでみてくださいね。

ENTRY