Interview社員インタビュー

「あなたでよかった」
 と言ってもらえる仕事がしたい。

   
中途 2016年 入社 ディレクションチーム リーダー Yuri Sato

佐藤 裕梨

   ENTRY

これが私の仕事

中途採用で入社し、制作の部署を経て現在はディレクションの仕事をしています。

ディレクションはお客様のイメージ通りのホームページを制作するにあたり司令塔となる仕事です。韋駄天のお客様は初めてホームページを作るという方が多く、お客様ご自身がどんなホームページを作りたいか全くイメージできていないといったケースもたくさんあります。そんなときは、お客様がホームページを作る目的や、ビジネスがto Cなのかto Bなのかなど、細かい要素をヒアリングし、お客様がイメージできるところまで引き出していきます。ヒアリングした内容をもとに効果的なホームページにするための文章などを考えて、ご提案しながら完成へと導いていきます。

様々なお客様を担当させていただく中で、取り扱ったことがない業界も多数あります。そのため日頃から業界の勉強をするよう心掛けています。そうすることで業種ごとの傾向やアピールポイントが見えてきますので、お客様のイメージを引き出す際にも生きてきます。

韋駄天を選んだ理由

転職の際に重要視したのは、ワークライフバランスが取れる体制が整っているかどうかでした。自分の時間と就業の時間のバランスが取れている企業、きっちり管理ができている企業を探していたところ韋駄天に出会いました。
韋駄天は一人に業務が集中しないよう業務をうまく分散させる組織作りができています。そのため、残業がほぼ発生しません。
出社して就業時間の中で最大限仕事をして帰宅します。オンとオフを切り替えて仕事にしっかりと打ち込めるのでモチベーションもあがります。また、就業時間内で仕事を予定通り終わらせられるプランを立てて実行していきますが、大変なときは担当の営業に相談すれば進行のフォローをしてくれるなど、コミュニケーションがとりやすい環境だからこそ社員のワークライフバランスが実現できているのだと感じます。

今後の目標

韋駄天に入社する前はサービス業に就いていたため、コミュニケーションはどちらかというと得意な方だと思っているのですが、まだまだ向上させていきたいと思っています。
お客様とのコミュニケーションを円滑に進めるには、ある程度の知識が必要です。
知識があれば一歩踏み込んでお話をすることができるので、予備知識がない状態で臨むより的確なご提案が可能になります。
より柔軟なコミュニケーションでスムーズに制作を進めていけるよう、バランス良く知識を付けていく、それが当面の目標です。

Message社員からメッセージ

自分がどんなことをしたいのか、明確にすることが大事だと思います。
仕事を通してどうなりたいかなどを具体的にイメージして、視野を広げていく中で様々な選択肢が見えてきます。

私の場合ですと、もともと「お客様に喜んでもらいたい」という思いが明確にありました。
仕事を通して人に喜んでもらうのが好きなので、「あなたでよかった、いてくれてよかった」と言ってもらえるサービスを提供するというゴールを見据えて取り組むことができます。

明るく前向きに仕事に取り組む人は素敵ですよね。私自身、そう思ってもらえるようポジティブな姿勢で仕事をするよう心掛けています。

ENTRY